緊急避妊薬の種類

まず緊急避妊薬とは、避妊せずに性交渉を行った際や避妊に失敗してしまった際に後から妊娠を防止することができるという薬のことです。

 

日本で多く使われている緊急避妊薬は2種類で、中用量ピルであるプラノバールを服用するヤッペ法とノルレボ法といわれるものです。

 

おもに産婦人科ではヤッペ法といわれる中用量のピルを2回に分けて服用します。性行為後72時間以内にまず1回目に2錠服用し、その後2回目は1回目の12時間後にもう2錠、合計内服2回4錠を服用することで緊急避妊をしています。

 

ノルレボ法とは性行為後72時間以内に1回2錠服用します。こちらは新しく承認された方法で、ヤッペ法より副作用が圧倒的に少なく、避妊効果が高いと言われています。しかし避妊の成功率は試験の中でも服用のタイミングや条件が異なるので一概にもどちらが良いとは言えません。

緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)一覧

アイピル
アイピル

  • 避妊具のコンドームが破損してしまった時などの為に、自宅に緊急避妊ピルを備え置くと安心です。

エラワンジェネリック
エラワンジェネリック

  • 120時間(5日以内)に1錠服用すれば効果が期待出来ます。

ポスティノール
ポスティノール

  • 日本でも処方されている事後ピル「ノルレボ」のジェネリック薬

アンウォンテッド
アンウォンテッド

  • ノルレボのジェネリック医薬品です。

シー72
シー72

  • シー72は、性交後72時間以内に、1錠服用します。

ノーフェア72
ノーフェア72

  • 性行為の24時間以内なら避妊効果が95%、72時間以内で75%

ピル72
ピル72

アイピル7箱パック